HIV検査について説明する男性

HIVに感染しているか心配の方は一度HIV検査をしてみましょう。今は病院に行かなくても自宅に簡単にできるHIV検査キットがあります。こちらではHIVに感染したか不安に思っている方にHIV検査についての説明をしていきます。

カップルの写真

ニキビの原因検索とHIV検査

 思春期でもないのにニキビができやすくなってなかなか治らず、インターネットで検索したら、なぜかHIVが表示されて驚いたという人も少なくないようです。ニキビはアクネ菌の増殖によってできてしまうものですが、アクネ菌は顔の皮膚に普通に存在するものです。しかしHIVに感染して免疫力が低下すると、アクネ菌の増殖を抑える手段がなくなり、アクネ菌が増え放題になって、成人なのにニキビとなるわけです。そのため、成人でなぜかニキビが急にでき始め、しかもなかなか治らないときは、HIV感染によるものである可能性があります。感染が疑われる場合は、ニキビが気づかせてくれたと思って、なるべく早くHIV検査を受けましょう。
 HIV検査は保健所で無料で受けられます。住所も電話番号も知らせる必要はなく、完全に匿名で通せます。最寄りの保健所でなく、遠方の保健所で検査を受けることも可能です。まずは保健所に電話をし、検査の日時を決めましょう。番号非通知でかけても通じますし、公衆電話からでも予約できます。保健所側には自分の情報が何もない状態で終始ことは運びます。他の受検者との識別のために番号が伝えられ、その番号が血液採取の試験官にも、結果を通知する書面にも記されます。公的機関や企業からインターネット上にしばしば情報が流出し、問題となっていますが、保健所側は受検者の情報を何も聞かず、何も持たないわけですから、情報流出の心配はまったくありません。血液採取も、結果の伝達も、個室で職員と一対一でおこなわれます。建物内で他の受検者と顔を合わせることはありますが、肝炎検査のために来ている人もいるわけで、そういう点では気が楽に持てそうです。